開田村の石仏他

・・・・・












      『木曽五木』

ヒノキ(桧)  [ヒノキ科ヒノキ属]
木曽の桧は、青森(ヒバ)、秋田(スギ)とともに日本三大美林のひとつ。
木曽五木の中で最も産出が多く、建築材として最良品であり、「木材の王」と言われる。
昔、木を擦り合わせて火をおこしたことから、「火の木」の意味。おおきなものは、高さ50m、直径2.5mになる。堅牢でくるいが少なく、腐りにくい。色白で美しく、つやがあり、香りが強い。その特性によって寺院・神社・城郭・等に最上の材料とされ、又薄くはぐことが出来る為、曲物の材料にもなる。
本州(福島県以西)、四国、九州(屋久島)までに分布する。

サワラ(椹)     [ヒノキ科ヒノキ属)
ヒノキの次に生産量が多い。ヒノキより黄赤色を帯びる。
大きいなものは、高さ50m、直径2.8mになる。軽く柔らかで、耐湿性に富み雨露酸類に強いため、風呂等の桶材、船舶材に利用される。
本州(岩手県以西)、九州に分布。

アスナロ(翌檜) [ヒノキ科アスナロ属]
「明日はヒノキになろう」から名前がついたと言われる。別名アスヒ(明日檜)、ヒバとも言う。生産は少ない。日本特産種。
大きなものは、高さ40m、直径1mになる。
ヒノキより安価、緻密で狂いが少なく、水湿に耐えるので建築材、器具材、漆器曲物の木地・木工品等に広く利用される。
本州、四国、九州に分布。 

コウヤマキ(高野槇) [スギ科コウヤマキ属]
名前は紀州高野山に多いことから。
日本特産種で、大きいものは、高さ40m、直径1.5mになる。
ヒノキ以上の光沢があり、水湿に耐える力は五木中の内で最高。
高級な風呂桶や水桶、流し場、船、橋梁などに使われる。
本州(福島県以西)、四国、九州に分布。

ネズコ(黒檜) [ヒノキ科 クロベ属]
外見がヒノキに似ていることから五木に加えられた。
材質はヒノキと違い黒っぽく、香りが強い。
日本特産で、深山に生える。大きいものは、高さ35m、直径1mになる。
サワラに似て水湿に耐える力が強い。板目が美しいので天井板・欄間・
木曽特産のネズコ下駄、木目を生かした机、茶だんす等の家具に用いられる。
本州、四国に分布

江戸時代前期
の日本は城下町の建設が盛んになり、木材の需要は膨大でした。
城や寺院、上級武士の屋敷などの建設に木曽のヒノキが大量に使われ、特権的な豪商
が木曽山に出入しました。
大滝川上流まで伐採地域を広げた。その結果荒廃が著しく

・・・留山が設置され住民の立ち入りを禁止、又鷹狩用の鷹のひなを捕る為の巣山が
指定され、百姓控林(農民の固有所有林)までも停止し、村預かりとした。宝永五年
(1708年)四木が停止木になり、巣山・留山以外の明山でも伐採が禁止された。

後にネズコが加わり『木曽五木』といわれた。
*この内容は開田村役場の了承のもと、開田村誌、他より引用掲載しています。転写はご遠慮ください。
HOME NEXT