夏の花 (その3)

開田高原にはいたるところにかわいい花が咲いています。
なかには珍しい山野草もあります。
車で通り過ぎすぎるだけでなくゆっくり散策しながらお花もお楽しみ下さい。
*もちろん撮るのは写真だけ。残すのは思い出だけ!



ソ バ
白いそばの花ですが、やがて茎が真っ赤になり、黒い蕎麦の実
を付け、又茎が真っ赤になります。秋には美味しい新蕎麦になり
ます。(←8月中旬〜下旬)

そばたて
  
ソバ立て
(9月中旬〜下旬)

マツムシソウ マツムシソウ(マツムシソウ科マツムシソウ属)
高原の秋の訪れを告げる代表的な花、花後の種子を抱えた
花床はいがぐり坊主状。それが仏具の松虫鉦に似ているこ
とが和名の由来。淡紫色の小さな花が多数集まり、外側の
花は5つに切れ込んで舌状花のように見える。タカネマツム
シソウは本種の高山型夏から秋にかけて咲く。マツムシの
鳴く頃に開花することからとも言われている。

(8月中旬〜9月)
ヤマハギ ヤマハギ(マメ科)
秋の七草に数えられている。

根は民間的に婦人のめまい、のぼせ等に効果があるとい
われています。

(8月上旬〜9月)
ツリフネソウ
ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
山中の沢端等に群生して生える一年草。
果実は成熟すると弾けるように裂け種子を飛ばす。
和名は花の形が帆かけ舟をつりさげたようだから。
全草(野鳳仙花)は解毒作用があり、悪性の吹き出物・打撲傷
につぶして塗布する。(7月下旬〜9月上旬)
キツリフネ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
山中の湿地に生える。高さ40〜70cm。葉は長さ4〜8cm、
鋸葉は低く少数、表面は白みをおび細脈は目立たない。
花は黄色で長さ3cmくらい、距の先は弱く巻く。
(7月下旬〜9月上旬)
ミヤマセンキュウ ミヤマセンキュウ(セリ科ミヤマセンキュウ属)
高山や深山に生える多年草。茎は中空で上部は枝分かれし、40
〜80cmになる。葉は2〜3回3出羽状複葉。小葉や裂片は深く
切れ込み、先が長くとがる。枝先に複散形花序を出し白色5弁の
小さな花を多数開く。
和名は深山川キユウ(クサカンムリニ弓)デ深い山にはえる
ので 名付けられました。(8月上旬〜下旬)

アサマフウロ アサマフウロ(フウロソウ科フウロソウ属)
高原の草地に生え、高さ40〜70cm。茎と葉柄に下向きの毛が
ある。葉は幅5〜8cmで5深裂し、全面に曲がった毛がある。
花は大きく径3cmくらい。花弁は紅紫色で濃い色の脈が目立つ。
和名浅間フウロは浅間山にあったから名付けられた。
フウロソウ属ではもっとも大形で、色も濃い。

(8月上旬〜9月上旬)
ハンゴンソウ ハンゴンソウ(キク科キオン属)
山地の草原や木陰に生え、高さ1〜1.5m。葉は全長10〜17cm
で、羽状に3〜7裂。頭花は径2cm、舌状花は5〜6個で花冠は黄色。
果実は長さ3mm長さ6mmで黄白色の冠毛がある。

(8月上旬〜下旬)
カワラナデシコ カワラナデシコ(ナデシコ科ナデシコ属)
河原山野に生える多年草。葉は線状被針形で、膨らんだ節を抱
いて対生する。茎、葉ともに粉白緑色。秋茎より分枝した頃淡紅
色で、花弁の先が糸状に細裂した五弁花をつける。果実は円柱
状で先は四裂し宿在蕚に包まれ、熟すると中から黒色扁平に
種子がこぼれる。花の形や色がやさしくかわいいことから、撫で
る程かわいい子にたとえたものです。大和撫子とも呼ばれる

秋の七草のひとつです。(ハギ、オバナ、クズ、オミナエシ、
フジバカマ、ナデシコ、キキョウ)

(8月中旬〜9月上旬)
トモエソウ(オトギリソウ科オトギリソウ属)
山地の草地に生える。高さ0.6〜1.3m。茎には4本の稜がある。
葉は長さ4〜8cmで基部は茎を抱き、明点がある。

花期は7〜9月。花は黄色で大きく、花弁は巴状に巻き、雄しべ
は多数。果実は卵形で長さ1.2cmくらい。径5cmもある5弁の花
がねじ れている。この形から巴草の名が付けられました。

(7月下旬〜8月中旬)
フシグロセンノウ フシグロセンノウ(ナデシコ科センノウ属)
樹陰地の草の間に生える多年草。高さ50〜70cm。茎は節が高
く、その上部は黒褐色。葉は倒卵形で長さ4〜8cm。花は7〜
9月開き朱赤色で径5cmくらい。がくは円筒状で長さ2cm位。

和名の由来は、茎の節が黒っぽいのでフシグロ(節黒)、花が
ナデシコ科のセンノウに似ていることからによる。別名オウサ
カソウ(逢坂草)という。(8月中旬〜9月上旬)


夏の花4へ 花図鑑へ戻る ホームアイコンホーム