夏の花 (その5)

開田高原にはいたるところにかわいい花が咲いています。
なかには珍しい山野草もあります。
車で通り過ぎすぎるだけでなくゆっくり散策しながらお花もお楽しみ下さい。
*もちろん撮るのは写真だけ。残すのは思い出だけ!

ヤナギラン ヤナギラン(アカバナ科属)
高原の草地に生え、高さ1〜1.5m。葉は長さ7〜15cmで多数
の支脈があり、縁は多少裏側へ曲がる。花は径2cm余りで、
がく片は4枚、花弁も4枚で紅紫色。まれに白花
品があり
シロバナヤナギランという
。果実は細長く5〜7cm。

種子は白く長い冠毛で飛散する。名は葉が柳に似、花が美しいから。
(7月上旬〜下旬)
ウバユリ ウバユリ (ユリ科属)
山地の林内に生え、高さ60〜90cm。葉は卵状心脚で長さ20
〜25cm茎の中程に数枚あつまってつく。花は普通3〜5個つき、
長さ15cmで白緑色、先端が多少開く。果実は米俵状で長さ約5cm。
名は花の咲く頃は葉(歯)がなくなって姥のようだからという説。
実際にはその頃も葉は残っている。鱗茎は食べられる。

(7月下旬〜8月中旬)
タケニグサ タケニグサ(ケシ科属)
山野の日当たりのいい場所に生え、特に荒地や伐採跡地に多い。
高さ1〜2m。葉は広い卵形で長さ20〜35cm、裏面は白色で毛がある。
花は花弁がなく、がく片は2枚で白色、長さ約1cm多数の雄しべがある。
花茎は円錐形に枝分かれして、小さな花が多数つく。
茎から出る乳液は
有毒 とされ、害虫駆除につかわれた。
又薬草としても利用される。

名前のいわれは茎が中空でタケに似ているからなどの説が ある。
(8月上旬〜下旬)
オオバギボウシ オオバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)擬宝珠
山地の草原や木陰に生える。葉は根出し、葉身は卵形で長さ
30cm内外、薄型の長柄がある。花期は7〜8月。60〜90cmの
花茎に多数の花をつける。花は長さ4〜5cm。
ギボウシの中では最もポピュラーで大型。

名前の「擬宝珠」は欄干の柱頭などにつける飾りで、つぼみの
形が似ていることによる。葉は長さ40cm位で、支脈がくっきり
とみえ、柔らかい若葉は、山菜としてとても美味しい。
(7月中旬〜下旬)
コバノギボウシ コバギボウシ (ユリ科属)
木陰や日当たり湿地などに生える。葉は斜めに立ち、葉身は楕
円形で長さ10〜15cm、幅5〜7cm。花茎は高さ35〜50cm、
花は長さ4cm位。紫色、稀に白色のシロバナギボウシも ある。

(7月下旬〜8月中旬)
シシウド シシウド (セリ科シシウド属)猪独活
山地の草地に生え、大型で高さ1〜2m。ほぼ水平に大きな複散
形花序を伸ばし、5枚の花弁をもつ小さな白い花を多数つける
。茎と葉に毛がある。葉柄の下部は袋状にふくらみ茎を抱く。
がく片はない。果実は広楕円形で両端がへこむ。葉の柄は基部
でふくらみ茎を抱く。食べられないが、さまざまな薬効があり、
根を「独活」とよんで、煎じたものを頭痛薬などに用いる、又地
上部を浴槽にいれたり、薬酒にしたりする。
名は壮大だからであるがウドの仲間ではない。
(7月中旬〜9月上旬)
コオニユリ コオニユリ(セリ科シシウド属)
山地の草原に生え、高さ1〜1.5m。花は3〜10個つき、径8cm内外。
内面に紫黒色の点があり、上部は反り返る。
オニユリの名は、花を鬼の顔に見立ててつけられたもの。オニ
ユリは栽培種だが逸出し、コオニユリは野生種で、北海道から
九州まで広く分布する。

(7月下旬〜8月上旬)
チダケサシ チダケサシ(セリ科シシウド属)
山野の湿ったところに生え、高さ40〜70cm。葉は2〜4回羽状
複葉、小葉は卵形で長さ2〜4cm、両面に毛がある。
花序には短い腺毛がある。花は淡紅色又は白色で小さく、
花弁は長さ3〜5mm。

和名の由来は、食用キノコのチチタケを、茎に刺して持ち帰っ
たからという。長い花穂に淡いピンク色の花を蜜につける。す
らりとした花姿は茶花として好まれる。根茎は「赤升麻」と呼ば
れ、消炎などに用いる。おおくの園芸品種があり、アスチルべ
の名で人気が高い。(7月中旬〜8月中旬)
クズ ク  ズ(マメ科クズ属)
山野に生え、茎は長いつるとなり、基部は木質となる。全体に
褐色の荒い毛がある。葉は3出複葉で小葉は長さ幅とも10〜
15cmと大きい、大きい総状花序を立て、花は蝶形で紫赤色。
豆果は狭長楕円形で長さ6〜8cm、褐色のあらい毛が密生する。
根は肥大して多量の澱粉を含み、くず粉が作られ薬にもなる。
秋の七草の一つ。奈良県の国栖地方が産地だったことから、
この名が付いた。(8月上旬〜9月上旬)
クレソン オランダガラシ・クレソン(アブラナ科オランダガラシ属)
清流や水辺に群生する水草。別名ミズガラシ(水芥子)。春先
に出る若芽はクレソンとよばれる。洋風料理のつけあわせなど
に利用され、独特の風味と辛味が楽しめる。初夏、ワサビに似
た白い十字形の小さな花を多数つける。ヨーロッパ原産の帰
化植物で、明治時代初期に日本に渡来し、各地に広まった。

(7月中旬〜9月)
シナノオトギリ(オトギリソウ科)
高山植物であるが、亜高山帯の林縁などにも生える。高さ10〜20cm。
葉は卵状楕円形で長さ2cm内外。明点があり、縁には黒点がある。
花弁は黄色で長さ1cmぐらい、内部に黒線があり、がく片には黒点と
黒線がある。別名ミヤマオトギリ(7月中旬〜9月)
オオカサモチ(セリ科オオカサモチ属)
山地に生えて茎は2mにもなるが、高山帯にも生えて40cmくらい。多年草。
上部の枝は対生又は輪生する、大型の複散形花序をつける。
花弁は白色。(7月下旬〜8月)


夏の花6へ 花図鑑へ戻る ホーム